miyazawa

宮澤 奈都美

講師は勉強だけでなくいろんな相談にのれる存在

宮澤 奈都美 サポート部
今回はサポート部の宮澤さんにお話を伺いました。
講師などの経験がない中、新卒で入社し、悩んだこともあったそうですが、自分らしく講師や教室長としての仕事との向き合い方に気がついたとのこと。参考になるのではないでしょうか。
— こんにちは。本日はよろしくお願いします。
こちらこそよろしくお願いします。
— 宮澤さんはもともと教師を目指しておられたと伺いましたが、教育の仕事を目指すきっかけは何かありますか?
中学生の時からずっと陸上をやっていて、その時に先生を見ていて、こんなふうに生徒に夢を与えられるような人になりたいと思ったことがあります。
— その先生の何に惹かれたんでしょう?
言葉にするのは難しいのですが、辛い時でも諦めずに頑張るということの大切さを実感させていただけた気がします。その経験が後の自分の人生でもとても助けていただいたので、それが大きかったんでは無いでしょうか。
— ではなぜ教師ではなくて、塾の講師になったんでしょうか?
初めは教師を目指していました。それで教育実習にも行ってみたのですが、行ってみて感じたのは自分がやりたかったこととは違うなぁと言う思いでした。
— どう違っていたのでしょうか?
先生方も熱心で生徒のために、との想いは強く感じたのですが、指導内容の限界みたいなものを感じたんです。どうしても教師となると、指導要領などで具体的な内容・指導方法なども決まっています。なので、一人の教師として工夫できる限界があるように感じ、決まった通り、その通りにやらないといけないというのが違和感でした。もっと生徒に合わせて工夫をして教えてあげたいと思っていたのです。
— なるほど。ではWITSと出会ったのは?
就職活動時の説明会でした。たまたま参加した説明会でしたが、たまたまその時の説明会の参加者が私一人だったんです。びっくりしました。
— それはビックリしますね。それでどうしたんですか?
そのまま帰ろうかとも思ったんですが、私1人のために社長みずから会社の魅力を伝えてくれたんです。たった一人の参加者のために、本当に熱心に。それも「ぜひうちに入社しよう」みたいな売り込みではなくて、満足な就活をするためにはどういった会社を選んだらいいのか、と私のことを考えていろいろとアドバイスしてくれました。その時にこういう社長がいる会社で働きたいって思いました。
— それで入社を決意したんですね。それでも内定者時代は悩んだと伺いました。
はい。そうなんです。当時内定者同士で周りを見てみると、学生時代からアルバイトなどで塾の講師などをやっていた人がいたんですね。そういう人をみるとやはり慣れている。自分はそうではないので、やっていけるかと悩みました。実際に教えると言う経験があったという点で差を感じましたね。
— それでも入社したと。実際入社してみてどうでしたか?
悩んでいたのは本当なんです。でも、入ってみて感じたのは、塾の教室長と言う仕事は教えるだけではないということ。生徒やアルバイト講師の管理面であるとか、そういった点も必要であり、講師の経験だけが重要なのではないということに気が付きました。

それに講師として教えるということ1つとっても、全然違うんです。すごく明るい印象の方もいれば、落ち着いた印象の先生もいます。それでみんな同じ教え方ができるわけではないんだと思い至りました。だから今、自分ができることを意識して、そのできることの中で最高のものを提供できるようにしていこうと思うようになりました。

それで一気に気持ちが楽になったような気がします。
— 大きな気づきだったんですね。当時の自分は今振り返るとどう思います?何か言ってあげたい事はありますか?
やっぱり焦りすぎということですかね。「初めはみんなできないんだから、そんなに落ち込まなくてもいいんだよ」って言ってあげたいですね。
— では学生時代に塾の経験や塾講師の経験がない人でも大丈夫ですか?
はい。そう思います。未経験の人でもやる気さえあれば頑張っていけると思います。なぜかというと、そもそも塾講師の仕事や教室長の仕事っていうのは、教えることはもちろんなんですが、生徒をやる気にさせるっていうのが1番なんです。その意味では講師をしたことない人でも大丈夫だと思います。
— ではWITSで働く上で1番大事なのは何なんでしょうか?
(WITSが大事にしている)勢いでしょうか(笑)あとは自分らしくその中で一生懸命やっていれば、周りの人も生徒さんも保護者さんもついてきてくれると思うので、その信頼関係があれば大丈夫です。その信頼関係は講師の経験があるなしだけではないと思うので、安心してください。
— では今までで1番嬉しかったことはなんですか?
私は結婚出産を経て、今は教室での業務からは離れているのですが、1年目に受け持った教室での生徒さんが、卒業した今でも塾に顔出してくれることがある、ということを聞くと嬉しいなと思います。
— なぜその生徒さんは塾にいまだに来てくれるんだと思いますか?
塾って勉強だけする場所と思われがちなんですが、だけどもその勉強という時間を過ごす中で、楽しい思いや嬉しい思いを感じてくれていたから、また訪ねて来てくれるんだと思います。そういうことが何年たってもあると言うのは本当に嬉しいですね。
— ではどんな講師が理想だと思いますか?
勉強だけではなくいろんな悩みとかも聞いてあげれるような、そういう存在で自分がありたいなと思っていましたし、そんな相談が気軽にできる教室であればいいなと思っていました。
— 最後に講師業は楽しかったですか?
そうですね!本当に楽しかったですね!