指導実績

高校受験対策

中学生(偏差値40以下の方)

どんな生徒でも最低でも偏差値50まで持っていく指導をします。
偏差値55くらいまでは、ほぼ一律のやり方で持っていくことが出来ています。
段階に応じて、やるべきモノ、やるべき事を明確にし、コツコツやってもらいます。
結果は必ず出ます。結果が出ると、自ら学習する意欲が出てきますし、それを引き出すのが我々のミッション(使命)です。

中学生(偏差値上位者)

目的、目標設定を共に行い、それを達するタスクを与え、その管理を行います。
苦手分野の洗い出しや、それに対してのアプローチを、時系列的にタスクを与え、学習し、志望校の目標を下げることなく向かっていきます。

全般的に言えるのは、
■成績下位の生徒 →偏差値50~55レベルに持っていけます。
■成績上位の生徒 →志望校に確実に合格できるレベルに持っていけます。

過去の弊社運営教室に通っていただいていた、すべての中3生データをとりまとめましたので、ご参照下さい。上位校への進学実績にはこだわりはありません。生徒ひとりひとりの目指すべきものを明確にし、一緒にそこに向かうのが我々のミッション(使命)です。

【入塾時:生徒成績】

偏差値40~49で入塾されるケースが最も多い。

偏差値60以上の生徒はその成績を最低限キープし、志望校、併願上位校に合格できた。

グラフ01

中学生...定期試験対策

学校の定期試験に向けての対策や段取りについても、徹底指導し、結果を導き出します。
「決意表明」など、本人の意識を高めます。

定期試験3週間前から、本格的準備に入ります。苦手単元の洗い出しや、学校への提出物などもチェックし、追加授業の必要性があれば、この段階で告知いたします。
テスト・ターボ授業という、ITTO個別指導学院オリジナルの「チケット制授業」を受講することもオススメします。

小学生

小学生:その時々の生徒の状態や、保護者のニーズに対して、変化させます。
小学生の通塾ニーズは以下のとおりです。

一位:苦手分野をなくしたい 二位:勉強のクセをつけさせたい 三位:中学生になって困らないように、予習をしたい 四位:英語を学習させたい 五位:学校の授業の復習をしたい

高校生...定期試験対策

中学生の時よりも、教科数や試験範囲そのものも増加します。効率よく試験対策に臨むように、我々は指導します。

留年を阻止したい、というニーズで短期的に来る方もいますし、指定校推薦を取るために、定期試験に命を燃やす生徒もいます。
いずれにしても、高校生の定期試験対策にも当教室ではトコトン対応いたします。

高校生...大学受験対策

多くの大学受験生は、予備校+ITTOという組み合わせで、受験を乗り切っています!
志望校の絞込みを相当に行いますので、ほぼ第一志望校には合格できているのが、当教室の誇れる実績です。

志望大学の絞込みの相談にも応じますし、予備校の案内もします。本人に適した学習方法が、当教室に通う以外にもあればベストな選択を考えてあげます。

AO(アドミッション・オフィス)入試にも対応していますし、小論文対策でITTOを活用いただくことも大歓迎です。

検定対策

英語検定・・・
出題傾向が決まっているので、小学生のうちでも、四級合格を目指せます!中学生は三級、準二級までとってもらいます。通常授業+テストターボ授業+季節講習で対応いたします。
漢字検定・・・
基本的には自習(自宅学習)でやってもらいます。試験までの期間において、いつまでに何を、どこまでやる、に関しては、鬼コーチが毎授業チェックいたします(笑)
数学検定・・・
マイナーな検定ですが、実は数検が一番取りやすいんです。一次、二次試験に分かれていて、計算中心の一次試験はケアレスミスをなくすように対策。二次試験は文章題や図形などの応用が中心なので、この二次対策をメインに行います。教科書の内容にほぼ準拠しているので、上の級を受験=次の学年の単元を予習、みたいな感じですので、予習感覚で、どんどん受験級を上げていく事ができます。小学生にも人気の検定です。

※すべて、準会場指定を受けていますので、慣れた教室での受験が可能です。ご近所の利を生かし、保護者の方の検定受験も最近は増えてきています!