トップメッセージ

トップメッセージ(代表喜多野より皆様へ)

代表取締役 喜多野 正之

東京都出身。42歳。
日本大学(生産工学部 応用化学科)卒業後、医療機器メーカーに就職。
経営コンサル会社に転職後、ベンチャー企業役員を3社就任。その後独立。

座右の銘は「意志あれば道あり」。趣味は草野球。3番サードです!

代表取締役 喜多野 正之 『塾に通ってる生徒自身が、自力で問題解決できるように導いてあげて、成績を伸ばす。ただそれだけが目標です。』

WITSはこんな会社です

『勢い』生徒が書してくれました!

2003年に設立。
小中高対象の個別指導塾「ITTO個別指導学院」と「みやび個別指導学院」を東京都・千葉県・埼玉県にて展開中。
「売上目標なし」「定例会議なし」で急成長。設立以来、増収増益の会社。

2013年度中までに30教室の展開を目標とし、見事達成。次の目標は2023年に130教室の展開です。「勢い」で、新しい挑戦をしていきます!

WITSの特徴

基本の徹底を重視している点を、まず挙げます。学習塾を展開している以上「生徒の成績を上げる」が、基本的なミッションとなります。

そのミッションを成し得る為に、何をすべきか...これに尽きると思います。勉強しやすい環境を作る為の「清掃」「整理整頓」などは基本中の基本。段取り、準備、伝達も大事ですね。

そういう当たり前の事を「当たり前にする事」が、10年で30教室以上の展開が可能になった、という成果に繋がっています。

仕事に対する考え方

仕事とは、最終的には自己満足だと思います。例えば、「生徒の成績が上がる」⇒「自分の仕事の成果が出る」⇒「嬉しい!」...結局は、社会的にも貢献できている、成長している「自分」の満足こそが、大事だと思います。

ただ「他者や世の中に貢献する事」と「自己満足」が合致していないと、会社は存続する事はできません。また、一部の人間で、会社のルールを決めるのもダメな事...というベンチャー役員時代の苦い経験・教訓が、今に活かせていると思います。